私がおすすめする結婚式の演出

私がおすすめする結婚式の演出

最近の結婚式では、さまざまな演出や余興があり、ゲストや新郎新婦を楽しませる方法も増えてきていますよね。20代も後半になると、たくさんの結婚式に出席してたことがあり、なんとなく流れや演出にも慣れてきてしまったという人も意外と少なくないのではないでしょうか。こちらでは、そんな方にも喜んでもらえること間違いなしの演出をご紹介します。

結婚式の終盤で行われる定番の演出として、「新婦の手紙」というものがあります。今まで育ててくれたご両親に向けて想いを伝えるシーンでは涙をしてしまう人も多く、結婚式の見せ場といっても過言ではないシーンですよね。ところで、新郎は披露宴の開始のスピーチや結びのスピーチなどでゲストへ挨拶する場面がいくつかありますが、新婦が全員の前で話ができるのは意外にもこの手紙のシーンだけになります。そこでおすすめしたいのが、ご両親への感謝の前に、簡単でいいのでゲストそれぞれに向けたメッセージでお礼を伝える方法です。会社関係者や、友人、親戚といった大まかな括りでも良いので、ご両親への感謝と合わせて今日までお世話になった人たちへ感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。そうすれば、出席してくれたゲスト一人一人にもきっと感謝の気持ちが伝わるはずですよ。

次におすすめしたいのが、発表する場は二次会や帰宅後などでも良いのですが、新郎から新婦に向けて感謝の手紙を書くこと「新郎の手紙」です。普段手紙を書くという習慣が少ない男性こそ、結婚式という一生に一度の晴れの日に、最愛の新婦に感謝のメッセージを送ってみてはいかがでしょうか。普段の生活ではなかなか伝えられない感謝の想いや愛情も、結婚式という特別な日であれば伝える勇気が出せるはずです。一般的に、女性よりもあまり感情表現が得意ではない男性からの素直の気持ちは、必ずや新婦である女性の心にささり、一生の思い出になること間違いなしなので、大変おすすめの演出ですよ。

Back to Top